会社員が良質なコミュニティに参加することでコーチ力をより早く伸ばせる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会社員が良質なコミュニティに参加することでコーチ力をより早く伸ばせる3つの理由

ここ1年ほど、会社員を続けながら、コーチの資格を取得し、活動する人が増えているなと感じます。

そうした話を聞いていると、会社でも仕事の幅を広げ、コーチとしても力を伸ばす人がいる一方で、せっかく学んだコーチングを活かせないままになっている人や、会社の仕事も、コーチ業も、どちらも中途半端になってしまったという話も耳に入ってきます。

コーチングを学んだ会社員の方が、コーチとしても成長し続けられるかどうかは、何によって決まるのでしょうか。

私は、会社員コーチが成長し続けられるかどうかの分かれ目の1つは、「コーチのための良質なコミュニティに参加できるかどうか」だと考えています。

この記事では、「会社員が良質なコミュニティに参加することでコーチ力をより速く伸ばせる3つの理由」を書きたいと思います。

1.1人でコーチ力を磨くのは難しい

まず1つ目の理由は、シンプルに、「ひとりで頑張るのは難しい」ということです。

これは、一般的によく言われる、「仲間がいるとがんばれる」という意味も、もちろんあります。一緒に頑張る仲間がいたからこそ、部活や勉強が続いた、という方も、きっと少なからずいらっしゃるでしょう。

ただ、コーチングについては、さらにもう1つの意味があります。それは、「コーチングについて話す相手ができる」ということです。

コーチングを学んだ人は、以前よりも、かなり増えてきました。けれど、まだ、全員誰でも知っている、というものではありません。学び続けている人は、さらに少ないと思います。

そんな中で、周囲の人にコーチングの話をすることに、リスクを感じる人も、きっといるのではないかと思います。私自身も、「こんなことを言ったら変に思われるのでは」と、会社や周囲の人に話すことができない時期がありました。

コーチングはコミュニケーションの技術です。コミュニケーションは、誰にでも関わりのあるものですね。だからこそ、コーチングの話をすることで、どんな人にも「あなたのコミュニケーションやり方は間違っている」という裏メッセージを伝えてしまう可能性があります。実際、いろんな理由で、コーチングの話を聞くのを嫌がる人もいます。

コーチングを学んでいると伝えることで、相手との関係が悪くなるかもしれない。そう感じると、伝えるのをためらうのは、当然のことです。

ただ、その状況が長くすると、無意識のうちに、自分の中で、「コーチング=相手との人間関係を悪くする可能性があるもの」というイメージがついてしまいます。そのため、コーチングを実践することにも、徐々に後ろ向きになってしまうんですよね。

私の場合は、そんな時に、コミュニティのイベントや、勉強会という形で、コーチ仲間と定期的に話す場所があったおかげで、「コーチングについて話しても大丈夫だろうか」という緊張が解け、「やはりコーチングは自分にとって必要なものだ」と、再認識することができました。

こうした機会がなく、一人きりで実践を続けていたら、きっと学び続けることができなかっただろうと思いますし、むしろ、上手くいかずに、無意識に、コーチングにマイナスのイメージを持ってしまっていたかもしれません。

2.コミュニティの質が試行錯誤の質を決める

2つ目の理由は「コミュニティの質が試行錯誤の質を決める」ということです。

コーチングをお調べになっている方、すでに学ばれている方は、お感じになっていることかもしれませんが、コーチングは、コーチングスキルを学んだらできるようになる、というものではありません。

なぜなら、クライアントの思考や感情の状態によって、有効なコーチングスキルは大きく異なるからです。

気力が枯渇している人に、「がんばれ!」と言うと、かえって相手を追いつめてしまうように、コーチングの場面でも、クライアントの状態によっては、ふとした言葉が凶器になることもあります。コーチングスキルを駆使して発した言葉でも、同様です。

コーチングにおいて、コーチングスキルはもちろん大事です。ただ、それ以上に、「今、何をする(言う)必要があるか」という”判断力”が大事なのです。

では、判断力は、どのように伸ばしたらよいのでしょうか。

もちろん、実際にやってみることは大事です。ただ、やりっぱなしでは、向上は見込めませんから、「やった結果どうだたか?」「他にどんな選択肢がありそうか?」を考え、次の機会には、より良くなりそうな別のやり方を試してみる、という、試行錯誤の繰り返しが必要になります。

PDCAと言った方が、ピンと来る人もいるかもしれませんね。

そして、より速くコーチ力を上げたいのなら、試行錯誤の中で選べる判断を、よりたくさん知る必要があります。

どうやって知るのか?

1つの方法は、「たくさんの人の判断に触れること」だと私は思います。色々な判断に触れ、それが蓄積されることで、自分の中の選択の幅が広がるからです。

そして、コミュニティに所属していると、この「いろいろな判断に触れる」場を得られます。良質なコミュニティであればあるほど、蓄積される判断の例も良質なものになります。良質な判断例があると、PDCAの質も上がります。

「コーチとしてやっていきたいなら、自らコーチを付けるべし」という主張をする方もいます。それも決して間違いではありません。コーチングを受けることで、学ぶことも多いですし、目的やゴールが明確な場合は、その方が有効なことも、とても多いです。

一方で、もしあなたの目的が「コーチとしての成長」にあるのであれば、良質なコミュニティに所属することで、1人のコーチと会話する以上のものを得られる可能性もあることも、知っておいていただければと思います。

なにしろ、周りがみんなコーチなわけですからね。

3.「コーチである自分」に立ち返ることの重要性

会社員コーチに、良質なコミュニティが必要な理由の3つ目は、コミュニティに所属することで、「コーチである自分に立ち返る場を持てる」ということです。

会社等で勤務をしている場合、勤務先でコーチングを実践するのは、ご自身のコーチ力を伸ばすためにとても重要です。私も、職場での実践を通してコーチ力を伸ばした方も、たくさん知っています。

一方で、職場ではどうしても「コーチ100%」で関わることができない、という話も、よくお聞きする所です。

実務上のやり取りや、指示命令が必要な場面で、悠長に相手の意見や気持ちを聞いている場合ではないことも、ビジネスの現場では、よくあることかもしれないな、とも思います。

そんな時に、「コーチである自分」に立ち戻れるコミュニティがあることは、実は、コーチ力を伸ばす上で、とても大切なんだな、と、5年以上学んできて、とりわけ強く感じています。

「コーチである自分」「コーチとしての関わり」を、定期的に考え続けたことで、コーチである自分と、コーチでない自分を、分けて考えることができるようになりました。その結果、日常の中でも、「今は、コーチとして関わるタイミングか」ということを、冷静に判断できるように変わってきています。

これはとても大事なことです。コーチとしての関わりを望んでいない人に、コーチングで関わるのは、とても失礼ですし、相手も不快に感じることですからね。たとえ無意識だったとしても、です。

コーチングを学んだ上司が「質問魔」になってしまい、辟易してしまった、という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。これも、望まない人にコーチングを実践しようとしてしまった、典型的な例ではと思います。

コーチングをタイミングよく使うためには、「コーチとしての自分」「コーチとしての関わり」がどんなものか、自ら考え続ける必要があります。

良質なコミュニティに参加していると、そのための場が得られるのです。

おわりに

まとめると、会社員で、かつコーチングを学び続けたい方が、良質なコミュニティに参加して得られるのは、以下の3つです。

  • コーチングについて気兼ねなく話す場があるから、コーチングを学ぶことが意味のあることだと思い続けられる
  • コーチングにおけるたくさんの良判断に触れるから、コーチングを身に着けるための試行錯誤の質が上がる
  • 「コーチである自分」に立ち返る場があるから、コーチとしての振舞いに自覚的になり、必要ない場面でコーチングを振り回すことがなくなる

コーチのコミュニティはいろいろあります。せっかく学ぶのだから、身に着くまでしっかりやりたい、という方は、どこだったら学び続けられそうか、水の合いそうなところを探してみてもいいかもしれません。

おまけ:私自身が所属している場所

私自身は、所属したいと感じられる、会社員向けのコミュニティがなかったため、2019年に、仲間と一緒に、自ら立ち上げました。

TCS x Businessという、トラストコーチングスクール(TCS)認定コーチ向けのコミュニティです。

TCS x Businessは、会社員や公務員、病院や施設の職員など、組織に勤務し、現場でコーチングを活かしながら、コーチングを学び続けたい人のためのコミュニティです。現在140人(2020/06/01現在)の認定コーチが参加しており、毎月勉強会などを開催しています。

トラストコーチングスクールを受講し、コーチトレーニングを経て、認定コーチになることで、参加いただくことが可能です。

トラストコーチングスクール

たった6時間という短い時間で、自らの「心の状態」を整える方法と、それを土台とした「伝わるコミュニケーション」を体系立てて学ぶ講座

TCS x Businessの活動の様子は、以下からご覧いただけます。

TCS x Business マガジン

”組織で働く” TCS認定コーチのためのコミュニティ公式ブログ

コーチングを基礎から学び、すでに実践フェーズにある人同士で話すことができるため、毎回の勉強会が、非常に実りあるものになっています。

ご興味ある方は、公式説明会や、講座ご受講時などにお尋ねくださいね。

トラストコーチングスクール パラレルキャリアを目指す人向け公式説明会

たった6時間でコーチングを基礎から実践まで学ぶ講座「トラストコーチングスクール」の公式説明会です。

実際にコーチングを活かして副業・パラレルキャリアで活躍している認定コーチに、講座の詳細やパラレルキャリアでの展開事例などを、直接ご確認いただくことができます。


もっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*