コラム

テレワーク中心でもチームへの帰属意識を高める方法

テレワーク中心でもチームへの帰属意識を高める方法

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、在宅勤務・テレワークが急速に普及しています。

と同時に、会社やオフィスに出社しない勤務スタイルが広がることで、会社への帰属意識やロイヤルティを持てない社員が増えるのでは、という心配の声も、よくお聞きするようになりました。

実際に私自身も、在宅勤務が中心となり、同僚と話す機会が激減しました。一人で進めるタイプの仕事をしている社員は、ともすれば、1週間誰とも話さないということが起こりえるのでは、とすら思います。

こうした状況で、会社への帰属意識やロイヤルティを高めるには、どうしたらいのでしょうか。

今日は「会社へのロイヤルティ・帰属意識を高める方法」のお話をしたいと思います。

続きを読む

引っ張るだけのリーダーの時代はもう終わり!これから必要な“メンバーを置き去りにしない”リーダーシップとは

「リーダーシップがある」というと、全てを適切に判断し、指示し、みんなを引っ張っていくリーダーシップのスタイルを想像する人は、まだまだ多いです。この認識は、けっして間違ってはいないですし、実際に引っ張っていくタイプのリーダーで成功している人も少なからずいます。

ただ、実際に自分がリーダーになると、それだけで、“チームとして”全力を尽くせるか、というと、そうでないことも多いものです。

実は、「引っ張っていくタイプのリーダーシップ」には、苦手なことがあります。それは、自分自身が先頭を走るがゆえに、遅れがちになってしまう人のフォローが手薄になるということ。

全力疾走できる人ばかりのチームなら、とても良い成果を出せると思いますが、現実には、全力で走れる人もいれば、今はがんばれない、という状態の人もいる、凸凹のあるチームをマネジメントしなければならないことがほとんどです。

「引っ張る」ことばかりを考えていると、こうした、がんばれない状態の人を、置き去りにしてしまう可能性があります。逆に、がんばれない状態の人を活かすことができれば、チーム全体の力は飛躍的に上がることでしょう。

今回は、こうした「がんばれない人」を置き去りにしないリーダーシップの形について、考えてみたいと思います。

続きを読む

「書く」ことで得られるコーチとして一番大切な基礎力

コーチングを学ぶと、いろんな場面で「書く」ことが推奨されます。

コーチ業を志す人は、SNSなどでの発信を勧められたことがあるかもしれません。それ以外でも、コーチングを身に着ける過程で、自分の気持ちや考えだったり、収集した情報の整理だったり、思いついたアイディアだったりを、書き留めておくことを勧められることは多いです。

もしかしたら、なぜ「書く」ことが、こんなにも勧められるのか、疑問に感じた方もいらっしゃるかもしれないな、と思うのですが、「書く」ことが推奨されるのは、コーチングが、「言葉」を使って、思考や感情を扱う技術だから、ということが大きいです。

この記事では、「書く」ことによって、コーチとしてどんな力を伸ばすことができるのか、と、その理由について書きたいと思います。

続きを読む

会社員が良質なコミュニティに参加することでコーチ力をより早く伸ばせる3つの理由

会社員が良質なコミュニティに参加することでコーチ力をより早く伸ばせる3つの理由

ここ1年ほど、会社員を続けながら、コーチの資格を取得し、活動する人が増えているなと感じます。

そうした話を聞いていると、会社でも仕事の幅を広げ、コーチとしても力を伸ばす人がいる一方で、せっかく学んだコーチングを活かせないままになっている人や、会社の仕事も、コーチ業も、どちらも中途半端になってしまったという話も耳に入ってきます。

コーチングを学んだ会社員の方が、コーチとしても成長し続けられるかどうかは、何によって決まるのでしょうか。

私は、会社員コーチが成長し続けられるかどうかの分かれ目の1つは、「コーチのための良質なコミュニティに参加できるかどうか」だと考えています。

この記事では、「会社員が良質なコミュニティに参加することでコーチ力をより速く伸ばせる3つの理由」を書きたいと思います。

続きを読む

うつだった私がコーチングを学んだからこそ得られた2つのこと

うつだった私がコーチングを学んだからこそ得られた2つのこと

コーチングに興味をお持ちの方の中には、「このまま同じように働き続けるのは不安」「これからのキャリアをどう考えていけばよいかわからない」とお感じの方も、きっといらっしゃるかと思います。

私自身、コーチングを学ぼうと決意したのは、過労うつで倒れた時に、「このまま同じように働き続けたら、きっとまた倒れるに違いない」という、危機感を抱いたからでした。

今回は、そうした方に向けて、うつになるほど追い込まれていた私が”コーチングを学んだからこそ”得ることができた、2つのことをお伝えしたいと思います。

その2つとは、「コミュニケーションが苦にならない自分になれたこと」と「成長を楽しめる自分になれたこと」です。

続きを読む

私がトラストコーチングを選んだ理由

私がトラストコーチングを選んだ理由

「コーチングスクールって、たくさんあるけど、どこを選んだらいいんだろう?」

コーチングをきちんと学びたい、と、こうして比較検討する人も、増えてきたと感じています。通学期間、費用、学べる内容、もしかしたら、各スクールの評判を調べている方も、いらっしゃるかもしれません。

今、コーチングスクールはたくさんありますから、なかなか選びづらいのも、とてもよくわかります。私自身も、スクール選びには、とても時間をかけましたし、比較の一覧表を作ったりもしていました。

そんな私が、なぜトラストコーチングを選んだのか?

今日は、私がコーチングスクールを選んだときに、決め手となったポイントについて書きたいと思います。

続きを読む

部下に自信をつけさせたい!あなたが意識すべき3つのこと

部下に自信をつけさせたい!あなたが意識する3つのこと

「もっと自信を持って、さらなるチャレンジをして欲しい!」

そう感じる部下、あなたの周りにも、いるのではないでしょうか。

そうした部下に、「自信を持て」「チャレンジしよう」とストレートに伝えたとしても、効果が薄いことを、既に実感している方も、いらっしゃると思います。

この記事では、そうした「自信を持って欲しい部下」に接するときの3つの視点を共有したいと思います。

続きを読む

自己投資に踏み出せないときに見直したいたった1つのこと

自己投資に踏み出せないときに見直したいたった1つのこと

「自己投資が大切なのは理解しているし、自分でも、さらにスキルアップしないといけない、とは思っている。けれども、それなりにお金がかかることが気になって、踏み出せない……」

そう考えている方、多いのでは、と思います。

慎重なのは、けっして悪いことではありません。なんにでもポンポンお金を使っていたら、正直、いくらお金があっても足りませんしね。私自身も、どちらかというと、自己投資にも、まとまった支出にも、かなり慎重です。

とはいえ、お金を払わないと、手に入らなものがあるのも、また事実です。

今日は、「お金のことが気になって、一歩踏み出せていないな」と感じる時に、見直してみたいことのお話です。

続きを読む

あなたの部下が目標を達成できない3つの原因とその対処法

あなたの部下が目標を達成できない3つの原因とその対処法

目標は立てられる。コツコツ行動もできる。でも、なかなか目標が達成できない……

あなたの職場に、そんな部下・メンバーはいませんか?

もちろん、どんなビジネスも社会の動きに影響を受けますから、不可抗力で目標が達成できないことも、あると思います。

とはいえ、もしその部下が、「毎回」目標を達成できていないのであれば、もしかしたら、目標設定のやり方自体を、見直した方がいいのかもしれません。

この記事では、「いつも目標を達成できない人」が、「目標を達成できる人」になるための見直したい3つの原因と、見直しのポイントをお伝えします。

続きを読む

もう「褒め方」で悩まない!褒め言葉のバリエーションの増やし方

もう褒め方で悩まない!褒め言葉のバリエーションの増やし方

人材育成において「褒める」ことは大事だと言われています。ただ、大事だとわかっていても、上手く出来ないな、と感じている方も多いのではないでしょうか。

中でも、よくご相談いただくのは「褒め言葉がワンパターンになってしまう」ということ。そんな方のために、この記事では、褒め言葉のバリエーションの増やし方をご紹介します。

続きを読む